和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で24日、1歳の雌のジャイアントパンダ「彩浜」が母親「良浜」と一緒に暮らしていた飼育施設を離れ、別の施設に移った。

 昨年8月の誕生時に75グラムだった彩浜の体重は24日時点で37・4キロに。当初は母乳を飲んだりリンゴなどを食べたりしていたが、最近は硬い竹の幹もかじるようなった。

 移転先の屋内運動場に姿を見せた彩浜は、木製の遊具に登ったり、おやつのリンゴを食べたりして元気に動き回っていた。神戸市兵庫区から家族5人で訪れた公務員西岡秀明さん(32)は「元気に育ち、子孫をたくさん残してほしい」と話した。