【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスで演説し、トルコがシリア北部で少数民族クルド人勢力との停戦を維持し恒久化させると伝えてきたとして対トルコ制裁の解除を発表した。米軍は油田を守る小規模な部隊を残して撤収させると説明し、来年の大統領選に向け自身の公約である国外駐留米軍の縮小を進めていると誇示した。

 トランプ氏はクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」のマズルム司令官と電話で会談し、これまでの米軍の活動に感謝されたと強調。「マズルム氏はわれわれが多くのクルド人の命を救ったことを知っている」と主張した。