巨人のマシソン投手(35)が23日、日本シリーズ終了後に今季限りでプロ生活に終止符を打つと表明した。昨年手術を受けた左膝が思うように回復せず「自分の思い描く投球が以前と比べてできなくなった。手術を受けてから100パーセントの状態でパフォーマンスできなかった」と目を潤ませながら語った。

 来年の東京五輪に向けたカナダ代表でのプレーは続けるという。後日、記者会見を開く予定。