JR九州と西日本鉄道は23日、鉄道や路線バスなどの交通サービスで連携することで覚書を結び、スマートフォンのアプリで多様な交通サービスを円滑に利用できるようにする「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」の導入などを検討すると発表した。

 両社は鉄道やバスの路線が競合するライバル関係にあるが、ともに沿線の少子高齢化や過疎化を背景にした利用者数の低迷や、バス運転手の人手不足が課題となっている。連携することで乗客の利便性を確保しながら、地域の需要に合った交通サービスを提供し、効率化することを目指す。