今年初めから耐震改修が進む名古屋市の繁華街、栄地区のシンボル「名古屋テレビ塔」で23日、免震装置の取り付け作業現場が報道陣に公開された。塔を支える4本の支柱の地中に埋まっている基礎部分を切断し、高さ180メートル、重さ約4千トンの塔が一時的に地面と切り離された。

 運営会社によると、今後は支柱1本当たり4種7個の免震装置を設置し、南海トラフ巨大地震で想定される震度6強の揺れでも大きく壊れない構造にする。改修前の状態では、震度5強程度で鉄骨が破断する恐れがあった。

 名古屋テレビ塔は東京タワーより4年早い1954年に開業。来年7月の営業再開を目指している。