自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護る会」は23日、国会内で会合を開き、安定的な皇位継承策として、旧宮家(旧皇族)の皇籍復帰を可能とするよう求める提言をまとめた。皇籍復帰の法整備は特例法制定を軸とする。今後、安倍晋三首相に提言を手渡し、政府や党内の議論に反映させたい考えだ。

 提言は皇籍に復帰する方法として、旧宮家の未婚男子が、本人の同意を前提に皇族の養子か女性皇族の婿養子に入る形を挙げた。国会審議の難航を想定し、養子を禁じた皇室典範改正ではなく、特例法整備が望ましいとした。