日産自動車は23日、報道陣に先行公開された東京モーターショーで、四輪駆動で操作性を高めた電気自動車(EV)のスポーツタイプ多目的車(SUV)を世界で初めてお披露目した。来年にも生産を始める。得意とする最先端の運転支援システムも採用した。軽自動車規格の試作EVも公開。車種を拡充してEV市場での主導権を維持したい考え。

 SUVは「ニッサン アリア コンセプト」で、高出力電動モーターを車の前後に配置。力強く発進や加速ができるほか、雪道などで操作しやすく設計した。運転者が近づくと自動解錠され、シート位置やエアコンが事前の設定通りに動くなど快適性にもこだわった。