【ロンドン共同】英下院は22日夜、ジョンソン首相が欧州連合(EU)とまとめた離脱合意案の実行に不可欠な関連法案をスピード審議する議事日程を採決、反対多数で否決した。拙速な審議に反発した主要野党の議員らが反発。ジョンソン政権が目指す今月末の期日通りの離脱は一段と困難となった。期日再延期は不可避な情勢で、政権への打撃は必至。

 結果を受けジョンソン氏は「延期すべきではないとの方針に変更はない」と強調、公約でもある「10月末の離脱実行」へのこだわりを見せた。一方、EUが期日延期を巡る決定をするまで、関連法案の審議を「保留する」とした。