ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で準決勝に進んだ4チームが22日、東京都内などでの練習を公開した。王者ニュージーランドは26日のイングランド戦に向け調整。ロックのS・バレットは「攻撃を遅らせてくる相手に自分たちのスピードでプレーできるようにしたい」と意気込んだ。イングランドは強い風雨の中、ダッシュなどで体を温めた。SOファレル主将は「すごくわくわくしている。素晴らしいチャンスだ」と気持ちを高ぶらせた。

 南アフリカはフランカーのコリシ主将が歌いながら登場するなどリラックスした様子で体を動かした。ウェールズはボール回しやキックの確認を行った。