甲府地方気象台は22日、富士山の初冠雪を確認したと発表した。平年より22日遅く、昨年より26日遅い。

 気象庁のアメダス(地域気象観測システム)によると、標高3775メートルにある観測点では21日午後8時に氷点下4・1度まで冷え込み、22日も午前4時と同11時に氷点下0・4度まで下がった。

 22日は甲府地方気象台が甲斐駒ケ岳(山梨県、長野県)、富山地方気象台が立山(富山県)の初冠雪をそれぞれ確認。甲斐駒ケ岳の初冠雪は平年より5日早く、昨年より1日遅い。立山の初冠雪は平年より14日遅く、昨年より1日遅い。