ラグビー元日本代表で主将も務めた広瀬俊朗さん(38)は21日、ワールドカップ(W杯)で日本が初の8強入りを果たして大会を終えたことに「新しい歴史をつくった。国民の皆さんにラグビーの価値を提供してくれたと思う」と奮闘ぶりに感謝した。

 15年W杯日本代表で、テレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」にも出演してラグビーブームを実感する広瀬さんは同日、東京都内で車いすラグビーのシンポジウムに出席。4年前のW杯で金星を挙げた南アフリカに準々決勝で敗れたことに「心に穴があいている」と心境を明かし「勝負事なんで負けることも勝つこともある。ベスト8は素晴らしい」とたたえた。