ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で4強入りしたイングランド代表が21日、大分県別府市内で記者会見し、ニュージーランドとの準決勝(26日・日産スタジアム)に向け、フッカーのカワンディッキーは「とてもわくわくしている。イングランドらしいラグビーができるように準備したい」と意気込んだ。

 昨年11月の対戦では15―16で逆転負けを喫している。ハットレイ・コーチは「われわれも向上してきたが、それは相手も同じこと」と警戒した。20日に南アフリカとの準々決勝に敗れた日本についてカワンディッキーは「最後までファイトしていた」と賛辞をおくった。