【サンパウロ共同】南米チリの首都サンティアゴなどで20日までに、地下鉄料金の値上げに端を発した学生らによる抗議デモが暴徒化した。政府は首都などに非常事態を宣言。現地からの報道によると19日以降、首都や近郊でデモ隊がスーパーマーケットなどに放火し計8人が死亡した。ピニェラ大統領は地下鉄料金値上げ凍結に追い込まれた。

 サンティアゴでは11月にアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、12月に国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の開催が予定されるが、治安対策に不安を残した。

 デモは今月半ばに始まり、18日から激化した。