第80回菊花賞(20日・京都11R3000m芝18頭、G1)クラシック3冠レースの最終戦。3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3分6秒0で制して重賞初勝利をG1で飾り、1着賞金1億2千万円を獲得した。

 払戻金は単勝が650円、枠連は(3)―(7)で610円、馬連は(5)―(14)で4680円、馬単は(5)―(14)で7640円、3連複は(5)―(13)―(14)で3070円、3連単は(5)―(14)―(13)で2万3510円、ワイドは(5)―(14)が1460円、(5)―(13)が320円、(13)―(14)が720円だった。