【ロンドン共同】英政府は19日夜、今月末の欧州連合(EU)からの離脱期日を3カ月延期するよう求める書簡をトゥスクEU大統領に届けた。書簡にはジョンソン首相の署名がなく、延期要請が本意ではないことをにじませた。

 英下院が同日、英国とEUがまとめた離脱合意案の採決先送りを議決したことを受け、ジョンソン政権に英国内法の規定により来年1月末までの延期をEU側に要請する義務が生じ、19日が期限だった。

 延期にはEU側の承認が必要。トゥスク氏は19日、書簡が届いたとツイッターで明らかにし「対応を巡りEU加盟国の首脳との協議を始める」とした。