バレーボール男子のワールドカップ(W杯)第2日は2日、福岡市のマリンメッセ福岡などで行われ、世界ランキング11位の日本は、若手中心で同4位のポーランドに1―3で敗れて1勝1敗となった。ポーランドは2連勝。

 日本は第1セット、石川や西田の攻撃で食い下がったが23―25で落とすと、第2セットも17―25。第3セットは福沢が要所で決めて25―19で奪取したものの、第4セットは17―25で失った。

 前回優勝の米国はイタリアに3―1で勝って初白星(1敗)を挙げた。アルゼンチンは3―1でチュニジアに、ロシアは3―2でカナダに勝ち、ともに2連勝とした。