【ローマ共同】ポンペオ米国務長官は2日、訪問先のイタリアの首都ローマで記者会見し、トランプ大統領の対ウクライナ圧力疑惑に関し、トランプ氏とウクライナのゼレンスキー大統領の7月の電話会談を同席して聞いていたことを認めた。

 長官は「ウクライナに対するロシアの脅威」などへの対処を協議することが会談の趣旨で、問題はなかったとの認識を強調した。

 大統領弾劾訴追に向けた調査を進める下院委員会が、国務省高官ら5人の宣誓証言を求めたことについては、国務省の独立性を脅かす行為だと改めて批判した。