2日午後7時15分ごろ、東京都新宿区のJR新宿駅で、山手線の外回り電車と線路脇に横たわっていた男性が接触した。警視庁新宿署によると、病院に搬送されたが死亡した。現場に白杖があり、視覚障害者とみられる。自ら線路に下りる姿が目撃されており、同署は自殺を図った可能性があるとみて調べている。

 新宿署によると、所持品から、男性は東京都豊島区に住む40代とみられる。複数の目撃者の話では、白杖を持ちホームで乗車を待っていたが、電車の入線直前、線路に下りたという。現場に点字ブロックはあったが、転落防止用のホームドアはなかった。