菅原一秀経済産業相は2日、金品受領問題で社長らが記者会見した関西電力について「役員がどうするか、経営判断は当然するものだと思っている」と述べ、退任も含め責任を明確にする必要があるとの認識を示した。菅義偉官房長官も同様の発言をしており、政府から批判が相次いでいる。

 菅原氏は経済産業省で記者団の取材に応じ「それぞれ(の役員らが)受け取った金額も法外だ。経産省に全く報告がなかったこと自体が信じられない」と批判。その上で「記者会見しても真実なのか分からない。第三者機関の調査を受け止めてしっかり処する」と述べた。