女子ゴルファー日本一を決める日本女子オープン選手権開幕前日の2日、2年ぶり3度目の制覇を目指す20歳の畑岡奈紗が会場の三重県白山ヴィレッジGCで記者会見し「20アンダーぐらい出ないと勝てない。ピンをどんどん攻めていくゴルフになる」と意欲的に話した。

 この日は朝から練習ラウンドを回り「風が読みにくいところと、ラフが長いのでそこがキーポイント」と語った。勝てば樋口久子の24歳31日を上回る史上最年少で国内四大大会4勝となるが「いつもと同じ感じでやる」と自然体を強調した。