原子力規制委員会の更田豊志委員長は2日の定例記者会見で、関西電力役員らの金品受領問題について「東京電力福島第1原発事故後も、そんなことがあるのかと、情けなく憤りを感じた」と関電を批判した。原発を安全に運営する組織文化があるか、今後、関電の経営層から聞き取りする考えも示した。

 更田氏は、福島の事故後、原子力の関係者が事故を反省し、信頼回復へ努力してきたと指摘。関電の金品受領について「(体質が)ここまで変わらないのか。危機感のなさに驚いた」と述べた。

 その上で、組織文化や社長のリーダーシップの重要性を強調し「今の関電の状態が健全でないのは明らか」と言及した。