三重県熊野市の花窟神社で2日、秋の例大祭が行われ、ご神体の巨岩の上から約170メートルの大綱を引く「お綱掛け神事」が営まれた。大綱は神と人をつなぎ、引くと神の恵みを授かるとされ、大勢の参拝客が参加した。

 神社は、熊野古道として知られる世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部。イザナミノミコトなどを祭るが社殿はなく、熊野灘に面した高さ約45メートルの巨岩をご神体とする。

 同日は7人の氏子が岩に登って頂上部分で木に綱の端を結び付け、もう一方を約300人の参拝客らが近くの七里御浜海岸まで力を合わせて引っ張った。神事は毎年2月と10月に行われている。