台風18号は2日、東シナ海から朝鮮半島南部に上陸して九州北部に接近、3日に日本海へ進んで温帯低気圧に変わる見込み。西日本は3日にかけ湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定になり、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は低地の浸水や土砂災害、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、九州北部で3日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)、波の高さは5メートル。北陸や東北では4~5日にかけて暴風に警戒が必要。3日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で四国180ミリ、九州北部120ミリ、中国100ミリ。