官民ファンドのクールジャパン機構は2日、日本製生地を使った女性向けの洋服を米国で展開する、米ニューヨークのベンチャー企業「エムエムラフルアー」に対し、約20億円の出資を決めたと発表した。働く女性向けの機能性を重視した製品を販売しており、日本の素材やブランドの価値向上につなげる。

 ニットやスーツなど幅広く扱い、今後は日本各地の生地素材メーカーとの取引拡大を目指す。東京都内で記者会見した同社の宮沢沙羅最高経営責任者(CEO)は「2020年をめどにeコマースで日本在住の方にも商品を届けたい」と述べた。