【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郡の議会は1日、未成年の間で流行し健康被害への懸念が強まっている、香りや味が付いた電子たばこなどの販売を禁じる条例案を全会一致で採択した。30日以内に発効する。地元メディアが報じた。

 同郡はロサンゼルスやロングビーチ、グレンデールなど周辺各市を含む全米有数の大都市圏。ニューサム州知事に、州全体で同様の措置を講じるよう求めており、各地で影響が広がりそうだ。

 報道によると、条例はかみたばこやメンソールたばこの販売も禁じた。だがインターネット販売に規制はなく、使用者への罰則規定も設けられていない。