2日午前5時50分ごろ、富山市婦中町の住宅で、この家に住む女児(6)が死亡しているのが見つかり、家族から110番があった。富山西署によると、女児の着衣に乱れはなく、遺体に目立った外傷はないという。

 富山県警は病死の可能性も含め、家族から事情を聴くなどして経緯を調べている。2日以降に司法解剖する。

 近隣住民によると、女児は10日ほど前、母親と共に、母親の実家であるこの住宅に千葉県から戻ってきていた。1日に見た時は変わった様子はなかったという。