高校野球で球速163キロをマークして注目を浴びる大船渡高(岩手)の佐々木朗希投手(17)が、プロ野球志望届を1日に岩手県高野連に提出したことが2日、分かった。2日夕に進路表明会見に臨み、プロを志すことを決断した理由や抱負を語ることになる。

 「令和の怪物」と称され、長身から投げ下ろす球は威力があり、将来性にあふれる。17日のプロ野球ドラフト会議では1位指名を明言している日本ハムを含め、複数球団の競合が予想される。

 甲子園大会の出場経験はないが、4月の高校日本代表1次候補合宿でプロ野球中日のスピードガンで163キロを計測した。