東京消防庁のヘリコプターが台風19号の救助活動中に落下させて死亡した福島県いわき市の女性(77)の告別式が19日、市内の斎場で営まれ、小池百合子都知事や東京消防庁の安藤俊雄消防総監ら幹部が参列した。

 雨が降りしきる中、参列者が次々と斎場内に入り、小池氏は午前10時45分ごろに喪服姿で訪れた。参列後に「哀悼の意をささげた。二度とこのようなことがないよう東京消防庁に指示した」と述べた。

 事故は13日に発生。浸水で孤立状態になった住宅の庭先から女性を救助する活動中、隊員が救助装置のフックをロープに付けるのを忘れたままつり上げ、上空約40mから落下させた。