【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンのグルーネワルト駅で18日、ナチス・ドイツによって第2次大戦中、現在のポーランドにあったアウシュビッツ強制収容所などへ移送、殺害されたユダヤ人市民の追悼式が開かれた。ベルリンからの移送列車は1941年のこの日、初めて同駅を発車。ドイツ敗戦までの3年半、市内からは5万人以上が運ばれ、大多数が死亡した。

 ナチスはドイツのほか占領した欧州各国から、ユダヤ人を列車で各地の強制収容所などへ送り、アウシュビッツだけでも約100万人のユダヤ人が殺された。