【ロサンゼルス共同】メキシコ治安当局が17日、同国北西部シナロア州クリアカンで、同国最大級の麻薬組織「シナロア・カルテル」のアジトを急襲、幹部を拘束した。しかし、組織が反撃、市民が巻き込まれる銃撃戦に発展したため、当局は幹部を釈放して撤退、捕獲作戦は失敗に終わった。地元メディアが18日までに報じた。

 当局が一時拘束した幹部は同国で「麻薬王」と呼ばれるホアキン・グスマン受刑者=米国で殺人などの罪で終身刑を受け服役中=の息子(28)。トランプ米政権が引き渡しを求めているという。