世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が18日、横浜市内のジムでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝(11月7日・さいたまスーパーアリーナ)に向けた練習を公開し「調整はもう終盤だし、手応えはいつも通りある」と順調ぶりを口にした。

 この日はフルパワーの打撃をサンドバッグやミットへ放つ練習に特化し、重い音を響かせた。世界5階級制覇の実績を持つノニト・ドネア(フィリピン)との対決へ「調子がいいところを(報道陣に)見せたかった」と笑顔で話した。

 今後は試合の公式行事まで練習を非公開とする。