ドラフト会議で阪神から1位で指名された岡山・創志学園高の西純矢投手が18日、岡山市内の同校で矢野燿大監督らの訪問を受けた。「プロ野球選手になるんだ、と実感が湧いてきた。ここからが勝負。タイガースを優勝に導けるような選手になりたい」と晴れ晴れとした笑顔を見せた。

 昨夏の甲子園大会では、マウンド上で見せる派手なガッツポーズでも印象を残した。今季から就任し、喜怒哀楽を表に出して采配を振ってきた矢野監督は「泥くさく、人間味があるところが魅力。体が強く、気持ちも強い。うれしい時は(ガッツポーズを)やってもらっていい」と共感した。