18日の東京株式市場は、英国と欧州連合(EU)が離脱条件で合意したことを好感した買いが優勢となり日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比40円82銭高の2万2492円68銭で、16日に付けた今年の終値の高値を更新し、昨年12月以来10カ月ぶりの水準となった。

 ただ、中国の経済成長の減速を懸念した売りも出て、上げ幅は限られた。東証株価指数(TOPIX)は2・17ポイント安の1621・99。出来高は約10億8200万株。

 朝方は、混乱を招くと懸念された英国のEUからの「合意なき離脱」が避けられるとの期待が広がり、買いが強まった。