2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催が確実な情勢になったことを受け、札幌市の観光関係者が歓迎する一方で、受け入れ能力を懸念する声も上がっている。夏の札幌の観光シーズンまっただ中で、いつもなら宿泊施設の客室の8割以上が埋まっているからだ。受け入れに向け、スタッフの拡充を想定し始めるホテルも出てきた。

 札幌市の統計によると、2018年度の市内宿泊施設数は249軒。近年は毎年増えているが、インバウンド(訪日外国人旅行者)の増加もあって昨年8月の客室稼働率は85・8%だった。7、8月は5年連続で80%を超えている。