2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催が確実な情勢になったことを受け、北海道と札幌市は17日、市内で実務者連絡会議を開き、双方の連携強化や、必要に応じて毎夏に開かれる北海道マラソンの運営ノウハウなどを大会組織委員会に提供する方針を確認した。

 道の築地原康志環境生活部長が「国際オリンピック委員会(IOC)や組織委の議論を見守り、どのような結論になっても対応できるよう連携したい」とあいさつ。競技期間中の警備に当たることになる道警の担当者も同席した。

 終了後、報道陣の取材に札幌市の中田雅幸スポーツ局長は「正式に要請があってからでは時間がない」と話した。