SUBARU(スバル)は17日、「インプレッサ」「XV」の2車種計13万7467台(2016年10月~19年3月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 国交省によると、エンジンを止める際、点火装置の回路に電気が過大に流れ、エンストになる可能性がある。制御プログラムが不適切なのが原因。116件の不具合が確認されている。

 約13万台には、エンジン部品の不具合やブレーキホースの不良がある車両もあった。