国土交通省は16日、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故を防ぐ安全装置に関し、車両に後付けできる製品の性能認定を始めると発表した。高齢ドライバーによる事故対策の一環。同日から11月5日まで申請を受け付け、12月中旬に結果を公表する。

 認定の申請は任意。統一された性能基準がなく精度にばらつきがあるため、国の安全認定により利用者が参考にできるようにする。

 もともと来年度の受け付け開始を予定していたが、さまざまな製品が市販されているため前倒しした。認定を受けるには前進時と後退時の両方で作動する必要があり、国が定める方法で精度を試験する。