サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)の来季シード権を争う予選シリーズ(QS)のホワイトバッファロー日向プロが16日、宮崎県日向市のお倉ケ浜海水浴場で開幕し、男子の村上舜が初戦の2回戦を全体最高の15・66点で突破し、3回戦に進出した。

 村上舜は9月のワールドゲームズ(WG)でアジア最上位となり、追加種目となる東京五輪の出場権を条件付きで獲得した。今大会は五輪の代表選考には影響せず、五十嵐カノア(木下グループ)と大原洋人は出場していない。女子の競技は17日以降に実施。