【ワシントン共同】米大リーグのプレーオフは15日、ワシントンなどでリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が行われ、第4戦のナ・リーグはナショナルズ(ワイルドカード)がカージナルス(中地区)を7―4で破って4連勝し、球団史上初のワールドシリーズ(22日開幕)進出を決めた。

 ナショナルズは一回に一挙7得点。先発のコービンは5回4失点、12三振。六回から3投手が無失点で逃げ切った。

 ア・リーグは第3戦で、田中の所属するヤンキース(東地区)がアストロズ(西地区)に1―4で負け、1勝2敗と黒星が先行した。