衛藤晟一消費者行政担当相は15日の閣議後記者会見で、台風19号の被害に便乗した過度な修理要求などの悪質商法に注意するよう呼び掛け、「こうしたことが出ないよう見守りたい」と述べた。

 台風被害の後には、壊れた家屋の修理を持ち掛け高額な契約を結ばせるといった悪質な業者による被害が発生している。衛藤氏は、被災地の消費生活センターの稼働状況を確認しながら対応するとしている。