企画展「表現の不自由展・その後」を開催していた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」は14日、75日間の会期を終えて閉幕した。不自由展は元慰安婦を象徴する「平和の少女像」などの展示に抗議が相次ぎ、一時中止に追い込まれた。また文化庁は「県の申請手続きの不備」を理由に芸術祭への補助金不交付を決めた。

 今月8日の再開に当たり、入場者を抽選で選ぶガイド付きツアー方式を導入し、14日までに延べ1万3298人が抽選に集まった。