和歌山県九度山町の古沢厳島神社で14日、えびす様がジャンプを披露するユニークな神事「えびすのお渡り」が営まれた。平安時代末期から続くとされ、大勢の地元民や観光客が見守った。

 緑の衣に紙製のえびす面、白ひげ、冠を着け、タイを釣り上げた竹ざおを担いだ「えびす様」が、笛や鼓を奏でる約20人の供を従え境内に入場。

 本殿前で供が中腰で半円形に並び、えびす様が御幣を納める儀式の後、「よいしょ」の掛け声に合わせ、そんきょの姿勢から前後にジャンプを数回繰り返すと、見物客から拍手が湧いた。