巨人が快勝。1点を追う五回に岡本のソロ本塁打で追い付くと、六回2死三塁から丸がスクイズを決めて、1点を勝ち越した。七回にはゲレーロが2ランを放った。先発の高橋が六回途中1失点と好投。2番手の大竹が好救援し、終盤の継投も決まった。

 阪神は打線が2安打に抑え込まれ、得点は犠飛の1点のみ。力投の西を援護できなかった。