13日午前10時ごろ、福島県いわき市で、台風19号の救助活動をしていた東京消防庁のヘリコプター「はくちょう」が、孤立状態だった77歳の女性を救助する際、隊員が女性側の救助装置のフックをロープに付け忘れたままつり上げ、約40m落下させた。女性は病院で死亡した。

 同庁は同日、庁内で記者会見を開き、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤った」と謝罪した。

 同庁によると、いずれも32歳の男性隊員2人が救助に当たっていた。当時行っていたのは「ホイスト救助」と呼ばれ、袋状の救助装置に女性の体を包み、隊員が抱きかかえてロープでつり上げる方式だった。