与野党政調会長らは13日のNHK番組で、臨時国会の焦点の関西電力役員らの金品受領問題などを巡り議論した。野党側は国に徹底調査を求め、関係者の国会への参考人招致も重ねて要求。自民党の岸田文雄政調会長は「経済産業省に監督責任をしっかり果たしてもらわなければならない」と述べた。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「国が調査に乗り出す必要がある」と指摘。国民民主党の泉健太政調会長も「介入する必要がある」と訴えた。共産党の笠井亮政策委員長は「与党は参考人招致実現に努力すべき」と促した。公明党の石田祝稔政調会長は「関電の第三者委員会にうみを出してもらいたい」と強調した。