【ドゥシャンベ共同】サッカー日本代表は12日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組第3戦のタジキスタン戦(15日)が行われる敵地ドゥシャンベで練習を開始した。吉田(サウサンプトン)と長友(ガラタサライ)は全体練習に参加せず、宿舎で調整した。

 チームは10日の埼玉スタジアムでのモンゴル戦に6―0で快勝し、11日夜に現地入りした。

 日本、タジキスタンともに2連勝で勝ち点6。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本の31位に対し、タジキスタンは115位。