大型で強い台風19号は12日午後7時前、伊豆半島に上陸した。関東を縦断して13日は東北沖に達する見通し。共同通信の集計で竜巻とみられる突風や土砂崩れで2人が死亡し、10人が行方不明になった。負傷者は27都府県の90人、容体が分からない人も3人に上った。気象庁は13都県の自治体に大雨特別警報を発表。大雨・洪水警戒レベルで最高の5に相当し、最大級の警戒や避難を求めた。多摩川などで氾濫・増水が相次ぎ、東京都や宮城、長野両県は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 特別警報の発表は東京都、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、神奈川、新潟、山梨、長野、静岡の各県。