大型で非常に強い台風19号は12日、伊豆諸島近海を北上し日本列島に接近した。夕方から夜にかけて静岡県か関東に上陸する見通しで、東日本を中心に広範囲で猛烈な風が吹き、記録的な暴風や大雨の恐れがある。千葉県市原市では竜巻のような突風が原因とみられる車両横転や住宅損壊で1人が死亡、5人がけがをした。総務省消防庁などによると、他に各地で6人が重軽傷を負った。

 交通機関は、東海道新幹線の東京―名古屋間が始発から終日運休。首都圏のJR在来線も日中に順次運転を取りやめ、13日昼ごろまで見合わせが続く見通し。羽田空港の国内線もほぼ欠航。

 ラグビーW杯は2試合が中止。