11日午後4時15分ごろ、東京都豊島区の池袋駅西口前の広場で、男性が男に果物ナイフのようなもので刺された。近くの交番の警察官が殺人未遂容疑で、刃物を持っていた住所不定、職業不詳の自称坂本保短容疑者(49)を現行犯逮捕した。男性(27)は腰などに全治不詳のけがを負った。搬送時には意識があったという。

 警視庁池袋署によると、2人に面識はなく、坂本容疑者は「前を歩いていた男がしぐさをまねて笑ったので、いらっとして刺した」と容疑を認めている。

 坂本容疑者は、刺されて逃げた男性を追い掛けて再び刺したとみられ、署は状況を詳しく調べている。