ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第18日は11日、静岡スタジアムで1次リーグD組の1試合が行われ、世界ランキング6位で既に8強進出を決めているオーストラリアが同13位のジョージアを27―8で下し、3勝1敗の勝ち点16で首位に立った。

 オーストラリアは相手の粘り強い防御に苦しみ10―3で折り返したが、後半に3トライを挙げて突き放した。ジョージアは1勝3敗の勝ち点5で終わり、前回大会に続く1次リーグ2勝に届かなかった。

 D組は3連勝の勝ち点14でベスト8確定のウェールズが13日にウルグアイと対戦する。(世界ランキングは9日付)